categories

二十四節気(にじゅうしせっき)_2015年

二十四節気(にじゅうしせっき)_2015年

1年を太陽の動きに合わせて24の季節に分けたもの。
約2600年前の中国の気候がもとになっており、
日本の現状に重ならないこともありますが、
季節の変化を知るために暦の上での目印をして使われ、
行事などが行われます。

小寒(しょうかん)
1月6日
この日から寒の入り。寒さが本格的になる。

大寒(だいかん)
1月20日
一年で最も寒く、最低気温が記録される時期。

立春(りっしゅん)
2月4日
春の始まり。この日から立夏までが春。

雨水(うすい)
2月19日
雪が雨にかわり、雪が溶けて水になる季節。

啓蟄(けいちつ)
3月6日
虫が地中から出てくるという意味。

春分(しゅんぶん)
3月21日
昼と夜の長さがほぼ同じになる。

清明(せいめい)
4月5日
清浄明潔の略で、生命感がみなぎる季節。

穀雨(こくう)
4月20日
穀物を潤す春雨が降る季節。

立夏(りっか)
5月6日
夏の始まり。この日から立秋までが夏。

小満(しょうまん)
5月21日
万事が成長し、天地に満ち始める時期。

芒種(ぼうしゅ)
6月6日
稲など芒(のぎ)のある穀物を植える季節。

夏至(げし)
6月22日
一年中で、昼がいちばん長い日。

小暑(しょうしょ)
7月7日
梅雨が明け、本格的な暑さがはじまる。

大暑(たいしょ)
7月23日
一年中で、もっとも気温が高い時期。

立秋(りっしゅう)
8月8日
秋のはじまり。この日から立冬までが秋。

処暑(しょしょ)
8月23日
暑さがおさまるという意味。台風の季節。

白露(はくろ)
9月8日
草花に白い露が宿る、さわやかな季節。

秋分(しゅうぶん)
9月23日
昼と夜の長さがほぼ同じになる。

寒露(かんろ)
10月8日
草花に冷たい露が宿り、秋が深まる季節。

霜降(そうこう)
10月24日
霜が降りはじめる、晩秋。

立冬(りっとう)
11月8日
冬のはじまり。この日から立春までが冬。

小雪(しょうせつ)
11月23日
雪がちらほら降りはじめる季節。

大雪(たいせつ)
12月7日
雪が本格的に降りはじめる時期。

冬至(とうじ)
12月22日
一年中で、昼が一番短い日。

JUGEMテーマ:日記・一般

大暑/初候

(第34候)大暑 初候

暑さ極まる季節のはじまり
本当に毎日暑い、関東では33〜37度まであがる・・来週は30から33度ぐらいと天気予報・・
年とともに暑さに弱くなるのは実感します。
熱中症や紫外線、
毎日散歩も朝8時ごろですが、かなり暑いです、日陰をさがしながらの散歩も面白い。
明日は7時ごろにでよう・・
JUGEMテーマ:日記・一般

川柳ってなに?

最近、ネットを徘徊していますと、川柳などを楽しむサイトやSNSなどのグループに
よくでくわします。
私もSNSの中で自由業の川柳グループにいれられていますが・・
あまり投稿はしないけど、
自由業の悲喜こもごもの句を読んでいますと・・
なにか、共感するものも多くあり、気持ちを代弁してくれているようで
発散できますね。
早く言っちゃえば、定型詩をかりた愚痴なのですが
そこが、川柳にすると愚痴が落ち込んでいかなく明るく気持ちが重ねることができます。
せっかくつくったものは、ながされていっちゃうのも
もったいないので
ここでもご紹介しますね。
下記に川柳と俳句の違いを説明してくれているサイトがありますので読んでください。↓以下引用
・俳句は、主に自然を対象に詠むことが中心でですが、川柳では、人事 を対象に切り取ることが中心です。俳句では、詠嘆が作句のもとになり
 「詠む」といいますが、川柳では、詠ずるのではなく「吐く」「ものす」な
 どといいます。決して、詠ずるものではありません。
JUGEMテーマ:投稿ライフ

2013年流行語大賞

 

2013年流行語大賞
http://singo.jiyu.co.jp/
が発表されましたが
テレビドラマをみていたせいか・・
自分でも
「じぇじぇじぇ」
とか
「倍返し」
はよく使ったかな・・・


テレビドラマといえばNHKの大河ドラマで「八重の桜」
をみていますが

明治維新後の陸軍は長州閥で
現代の「であります」
は陸軍からきた長州方言の影響とか・・
テレビは面白い・・
うちの母は青森出身だが
一度、青森の祖父の家に遊びにいったが・・
方言というより外国語だった・・
まったくわからなかったのを覚えている

元にもどるけど
この流行語大賞は現代用語の基礎知識という本を発行している会社が
イベントとして「やっているが

60代になり、若者がよく見るドラマやバラエティーをみてないので
言葉の意味がわからないときがある

つい最近まで
ため口ってなんだろう?とおもっていた

「タメ」とは友人とか同等のレベルのことらしい

言葉はいきもので・・
変化?進化?・・
いつまでも同じ言葉文章が通じるとはかぎらない・・
平安や奈良時代のことばを現代にもってきても
やはり外国語なのかもしれない・・
JUGEMテーマ:最近人気の言葉

24節気でいえば立夏・・だが

立夏 昨日は関東でも暑かった。
天気予報でいつも関東の最高気温は熊谷は昨日は31.6°だたらしい
真夏日だね
いつも、熊谷がなぜ最高気温を更新するのか疑問だったので調べてみると
人工的な要因が多いらしいいわゆるヒートアイランド、東京の熱が熊谷にたまるとか・・
盆地でそこに街がみっしゅうしていればなおさらだ・・

http://suumo.jp/journal/2012/07/25/25131/

今は季節でいえば24節気でいえば立夏・・だが

蛙が鳴き始める頃・・

タケノコは関東では最盛期かな?

もうすぐうっと惜しい梅雨になるが・・
まだ5月の過ごしやすい季節は続いてほしい・・

年齢とともに暑さも耐え難く
4月に、はやばやと古くて駄目になったクーラーを買い替えたが・・

夏にあまり活躍してほしくないね・・


JUGEMテーマ:日記・一般



啓蟄_春というには実感としてはまだ寒く、

 今日から3月ですね
春というには実感としてはまだ寒く、
でも日によっては、春のにおいのする風がふーっと頬にあたったりして、春を感じる頃です。
沈丁花のにおいもしてきたりと散歩していても心が少し柔らかくなります。

来月から新生活のスタートをきる、学生さんや、新社会人も多いでしょうね
きびしい、現実がまっていますが・・

人生も春夏秋冬あると思いますが・・

私ももう60代、秋がおわり、冬の時代にはいるのでしょうか・・

それとも人生の後半はあたたかで穏やかな春なのか・・?

人生の始まりの季節が夏だったら春ですね。
何事も、自分の都合良く解釈して、気持ちを楽しくしたほうがいいですね。

現実世界では夏の参院選が終わると、たぶん日本の行く末が少しみえるのかもです。

経済がどうなっていくのか?国際社会に日本はどうたっているのか?
無責任にみれば興味深いです。


24節気でいえば啓蟄という時期ですが
地中に巣ごもりしていた虫や動物が目覚め、動き回るじきですが
変な虫や、動物が目がさめないといいんですが?


JUGEMテーマ:日記・一般

冬至


春夏秋冬をそれぞれ6つに分けると24節気

24節気でいうと今は 冬至ですか
後は小寒、大寒で冬がおわり・・

春は2月の頭ぐらいということでしょうか?
実感はありませんが・・

ゆず湯にはいり
年末、大掃除、夜の長さがもっとも長い時期でもあり、クリスマスは今日ですが
イブは昨日でしたが、この歳になり、子供も30過ぎると、なにもやりませんでしたが
やはり、プレゼント交換やごちそうたべたり、日本の習慣になじんでいますが・・

ケーキを食べるぐらいが大人としてはいいとこでしょう。


宗教的背景がなく欧米の習慣のいいとこどりで商魂たくましい日本の企業に
おどらせられているのかもですが・・

すなおに、クリスマスはいいもんだとおもっています。

雪に、サンタクロース、プレゼント・・・メルヘンですね・・

とかく、多くの日本人は宗教をもってないから、意味がわからず。
生活の中に根付いているものをうけいれているだけで
季節を感じて、それだけでもいいとおもいます。

季節の話題があいさつがわりになっているのは、自然に対する
畏怖と畏敬のの気持ちがどこか宗教につうじるのかもですね・・

私はこうした季節に敏感な国民は美しいとおもいますが。





秋分 しゅうぶん

9月ももうじき終わる
今日はもう30日、明日から10月
24節気72候でいえば 秋分
秋の真ん中ということですが・・

今日この頃は私はまだ夏にいるような感覚です。

日本の季節もなんだか変・・

24節気72候も大幅に感覚的時期がずれているいというか・・

地球はきまぐれ・・気候の情緒はこれまた諸行無常ということ?・・



七十二候(しちじゅうにこう)_小満

 七十二候(しちじゅうにこう)
明日は6月21日、、金環食が6時半ごろみられるというが
あいにく曇り空みたいだ。
とりあえず、金環食をみるグラスをネットで買ったが500円+送料500円で
しめて1050円
無駄にならないように願うが・・

21日といえば 七十二候(しちじゅうにこう)でいえば
「蚕が桑を盛んに食べ始める」

24節気でいえば小満
万物次第に成長し天地にみちはじめるとき

1年中で一番良い季節かな
暑からず寒からず、緑がみちあふれ美しいきせつですね〜

年度始めもおちつきはじめ・・
そろそろ、これでいいのかとかいろいろ考え始める人も
多いかな・・・


江戸ことば

 江戸言葉は標準語になりえたかというと
そうでもないです。おどろくのは東京になって官軍のもちいていた
薩摩、長州、土佐の言葉が土台になっているのが多いとか

下記引用
「江戸っ子言葉」
http://homepage3.nifty.com/7M2MZT/edo.html

江戸言葉(えどことば)






| 1/18PAGES | >>